産業用ドローンMATRICE300RTKの導入のお知らせ

現行3機のドローンに加え、新たにMATRICE300RTKを導入しました。
この機種は機体の全6方向にビジョンセンサーとToFセンサーが搭載され、壁面等への衝突防止や、ホバリングの安定性が確保されており、更にペイロードには、最大200倍ズームカメラ、対視覚82.9°広角カメラ、レーザー距離計、放射分析サーマルカメラのマルチセンサーを搭載しております。
この機体の使用により、人の目では確認が困難な壁面内部の剥離等も赤外線により確認でき、また、ズームカメラを使用し、災害発生時の際に、遠くから周囲の状況が確認でき、安全なルートの探索などにも利用できます。

弊社ではこの新たな機体の活用などにより、インフラの整備や災害の対応などに寄与してまいります。

前の記事

教育研修の実施